「はじめまして」のかたはコチラから
旧ブログ『越中(えっちゅう)辰夫のモテ・ナンパ』
筋トレブログはコチラです

Twitterはじめました^^
アカウント:
えっちゅう
@ecchu_tatsuo
フォローミー!

---------------------------------------------------

教材名:恋愛メール大百科

発売日:2013年9月29日

販売者名:相沢 蓮也

販売価格:
 初回アクセス時・・・7,900円
→3日後値上げ・・・19,900円

販売ページ:
恋愛メール大百科 ~彼女のココロを遠隔操作する技術




----------------------------------


相沢蓮也さんというガチの恋愛コンサルティングのかたを
だいぶ信頼しているのですが、
彼のメルマガも購読しています。



相沢さんについては彼のメルマガの文章の一部を貼っておきます。


---ココから----



今日のテーマ---------------------

メールのせいで、せっかくの出会いを、
また取りこぼすんですか?

--------------------------------


相沢です。


恋愛相談を受けていると、メールが下手な
人が多すぎると感じます。


みなさん、メールで損をし過ぎです。


メールのせいだけで、女性から
「ナシ」と判断されている。


非常に多いです。


一度、冷静に考えてみて欲しいんですよ。


現代において、出会った男女が連絡を
取り合うのに、メールを使わない状況って、
無いですよね。


昔はきっと、家の電話と手紙だったんでしょう。



でも今は…



ナ○パで出会おうが、合コンで出会おうが、
パーティーで出会おうが、

たとえそれが、会社や学校、サークルで
あったとしても、


必ず、女性とメールアドレスを交換します。


出逢い系やSNSなどのネット系の出会いで
あれば、もはやメールしかない、


といっても言い過ぎではないでしょう。


出会った男女は、とりあえず、メールアドレス
を交換して、

家でテレビを見ながらとか、
寝る前の布団の中でとか、

あるいは、

通勤、通学の移動中、ちょっと
トイレに行ったとき、お昼休みの時間とか、


どう考えたって、男女の恋愛において、


「メールというステージが無い」


なんて、考えられない。



それが、現代です。



ナンパや合コンというステージが無い恋愛は
いくらでもあります。

パーティーとかネットとか、そういう
ステージを経験しない男女もいくらでも
います。

会社やサークルの出会いでないなら、
そのステージも存在はしない。

でも、


「メールというステージ」が存在しない恋愛は、ない。


これは何を意味するのか?


あなたの恋愛が成功するかどうか、


あなたが現在、口説き落としたいと
思い焦がれている、

その女性とセっ○スしたり付き合ったり
できるのかどうか。


その、およそ35%は、メール技術の
上手い下手に左右される。


と言えます。


35%というのは、僕の主観ですが、
そんなに不自然な数字ではないでしょう。


だって、実際のところ、


あなたが狙っている女性とあなたは、

・会っていない時間、

・同じ空間にいない時間、


の方が圧倒的に長いですし、


その間に、メールという、その女性との唯一の
繋がりをどう利用するかというのが、
重要でない訳がありません。



35%



あなたはこの数字を、どう判断しましたか?



ほぼ、落とすことは不可能なくらい、
レベルの高い、可愛くてスタイルも良くて、
性格も良い女性がいたとして、


あなたがこの女性を落とせる確率が、15%
だったとしますよね。


で、たとえば、あなたのメールテクニックが
めちゃくちゃ上手かった場合。

つまり僕のメール技術をマスターしていた場合。


この女性を落とせる確率を、15%+35%


で、トータル50%まで引き上げられる
ということです。


誰もが振り返るような女性を、半々で落とせる

んですよ。


凄くないですか?


もちろん、最初から50%くらいの確率で
落とせるのであれば、


50%+35%ですから、85%で落とせます。


半々だったのが、ほぼ、落とせる状態になる。


仮に70%くらいの確率で落とせそうであれば、


+35%ですから……


理論上は、100%を越えます。


要するに、


「あ、この子、ちょっとオレに気があるのかな?」


「なんか、この子、反応いいな~」


って感じたなら、それを取りこぼさずに、
セっ○スできるって事です。


逆も考えてみましょうか。



あなたのメール技術が、ゼロだった場合。



つまり、まったくメール術を勉強した
ことがなくて、その上、メールの才能も
なかった場合。



あなたに対して70%も食いついている
女性であっても、


うっかり変なメールを打つことによって、
いきなりこの女性の、あなたに対する思いが、


70%-35%ですから、


35%まで下がってしまうんです。


「あ、この子、ちょっとオレに気があるのかな?」


「なんか、この子、反応いいな~」


って思っていたのに、しばらくメールを続けて
いるうちに、徐々にフェードアウトしてしまう、

とか、

会ってるときは、好感触だと感じていたのに、
いつの間にやら「メール無視」になっちゃったとか。


そういうパターンですね。


そのくらい、恋愛の結果を決めてしまう35%



ちなみに、この35%の話は、リアルの出会いを
想定しています。


当然、これがネットの出会いであれば、
はっきり言って、100%でしょう(笑)


「恋愛において、メールは重要ではない」

「メールなんかするから、口説けないんだよ」


と主張する人。



そういう意味ではありません。



「メールが上手い」

ということは、

「メールをしないのが上手い」

という意味も含んでいるんです。


・いつメールするか、

・どんな内容のメールをするか、

・どんなタイミングでメールを使うか、


メール術というのは、それだけでは
ありません。


・いつメールをしないのか、

・どんな内容のメールをしないのか、

・どんなタイミングでメールを使わないのか、


たとえば、わざとメールをしない時間を作って、
その間に、相手に自分の事を考えさせるなどは、
有名なテクニックなんで、

あなたも聞いたことがあるかと思いますが、

そういうのも含めて、


メールをすることと、しないこと。


メールというツールを選ぶことと、選ばないこと。
(電話やLINEという選択もありうる)



どんな内容を送って、どんな内容は送らないのか。



その全てが、恋愛の結果を+35%にも-35%にも
も動かしてしまう、


それが、僕のメール術なんです。


チャンスをモノにする確率を35%上げるのか。
それとも、わざわざ35%も下げるのか。


メールが下手くそなせいで、
あなたはまた、その出会いをダメにするんですか?


次に繋げるチャンスを、またつぶすんですか?


また、取りこぼすんですか?


・・・


----ココまで----


ナンパと恋愛はちょっと違うかなと思ったりもしますが、
準即するにはメンテナンスが必要なんで、
メールのテクニックという意味では共通するところはあります。


以前出された性欲トラップっていうマニュアルがきっかけで、
この人のことめちゃ好きになったんですが、
最近新しくメールについてのマニュアルを出されたようです。